会津ナンバーホームページ 10/10 会津ナンバー誕生!
TOP | 問合せ先一覧 | サイトマップ
「会津ナンバー支援会議」は平成21年10月10日をもって、解散しました。
ご支援ご協力ありがとうございました。
尚、会津ナンバーへの交換手続きは、引き続き行うことができます。本ホームページ掲載の手続き方法を参考に、会津ナンバーへの交換をお願いします。

会津ナンバー導入についてのQ&A

<<総 論>>
Q1会津ナンバーの対象となるのは、どのような車ですか?
Q2会津ナンバーの対象となる地域(市町村名)はどこですか?
Q3会津ナンバーはどのような場合に付くことになる(付けることができる)のですか?
Q4福島ナンバーから会津ナンバーに変更したいのですが、どうしたらよいでしょうか?
Q5車検を受けると会津ナンバーに自動的に替わりますか?
Q6所有者を変更(名義変更)した場合、会津ナンバーになりますか?
Q7福島市に住んでいるのですが、会津ナンバーを付けることはできますか?
Q8会津ナンバーと福島ナンバーを選択することはできますか?
Q9福島ナンバーのままでいることはできますか。
Q10希望する会津ナンバー(番号)を付けることはできますか?
Q11会津ナンバーに切り替える費用はいくらかかりますか?
<<手 続 関 係>>
Q12会津ナンバーに自分で変更したいのですが、手続等は難しいですか?
Q13会津ナンバーへの切り替え手続を代行してもらえるところはありますか?
Q14手続を代行してもらう場合の手数料はいくら位かかりますか?
Q15乗用車と軽自動車で会津ナンバーに切り替える手続きにどのような違いがありますか?
<<申 請 関 係>>
Q16会津ナンバーへの切り替え申請にはどのような必要が書類ですか?
Q17申請書類の記入の仕方がわからないのですが?
Q18会津ナンバーへの切り替え申請に必要な書類はどこで入手できますか?
Q19申請書類への記入を間違ってしまったのですが、新たに書き直す必要はありますか?
Q20申請書類に押印する印鑑は、実印でなければなりませんか?
Q1 会津ナンバーの対象となるのは、どのような車ですか?
1.普通自動車
2.小型自動車(1〜3=「登録自動車」以下同じ)
3.大型特殊自動車
4.軽自動車
5.排気量が125 ccを超えるオートバイ
 が会津ナンバーの対象となります。
Q2 会津ナンバーの対象となる地域(市町村名)はどこですか?
1.会津若松市 2.喜多方市 3.下郷町 4.檜枝岐村 5.只見町
6.南会津町 7.北塩原村 8.西会津町 9.磐梯町 10.猪苗代町
11.会津坂下町 12.湯川村 13.柳津町 14.三島町 15.金山町
16.昭和村 17.会津美里町 の17市町村です。
Q3 会津ナンバーはどのような場合に付くことになる(付けることができる)のですか?
  1. 新車や中古車を購入し、会津ナンバー対象地域内で新規に自動車の登録をする場合
  2. 所有者が、会津ナンバーへの変更を希望し、ナンバー交換の手続をする場合
  3. 転居(転入)などにより、会津ナンバー対象地域外から上の対象地域内に住所を変更する場合
    (会津ナンバー対象地域内での転居などの場合は、希望しない限り会津ナンバーにはなりません)
  4. 会津ナンバー対象地域内の自動車で、破損、汚損等によりナンバープレートを交換する場合
  5. 会津ナンバー対象地域内の自動車で、自動車の構造変更などにより用途が変更となり、ナンバーが変わる場合
    (ステーションワゴンを改造してキャンピングカーとして登録する場合など)
Q4 福島ナンバーから会津ナンバーに変更したいのですが、どうしたらよいでしょうか?
 ご自分で福島市にある「福島運輸支局」又は「軽自動車検査協会福島事務所」に出向き、変更する方法(具体的にはこちら)と手続を代行する業者(Q13参照)に依頼して変更する方法の2つがあります。
Q5 車検を受けると会津ナンバーに自動的に替わりますか?
 車検を受けても、自動的には会津ナンバーには切り替わりません。車検にあわせて会津ナンバーへの変更を希望する場合は、車検業者等にご相談ください。
Q6 所有者を変更(名義変更)した場合、会津ナンバーになりますか?
 自動車の所有者の名義を変更する場合には「移転登録」の手続が必要となりますが、会津ナンバー対象地域内の自動車であれば、継続してそのままのナンバーで乗り続けることもできますし、移転登録手続にあわせて、ナンバー変更の申請をすれば、会津ナンバーを付けることができます。
Q7 福島市に住んでいるのですが、会津ナンバーを付けることはできますか?
 ナンバーの地域名は、「使用の本拠の位置」がどこにあるのかで決まりますが、通常、その使用の本拠の位置は、自動車の保有者(使用者)が実際に居住しているところ(会社等の場合は、営業所等の所在地)となります。
 そのため、Q2の会津ナンバー対象地域外にお住まいの方は、会津ナンバーを希望されても、付けることはできません。
Q8 会津ナンバーと福島ナンバーを選択することはできますか?
 ご当地ナンバーの制度が、既存のナンバー(福島ナンバー)との選択制ではありませんので、福島ナンバーと会津ナンバーの好きな方を選ぶということはできません。
 なお、新車を購入した場合や会津地域に使用の本拠が変更となる場合など、新たに付与されるナンバーはすべて会津ナンバーとなりますが、現在、福島ナンバーの車で、Q3のような変更がなければ、そのまま福島ナンバーとなります。
Q9 福島ナンバーのままでいることはできますか。
 現在の福島ナンバーを、強制的に会津ナンバーに変更するわけではありませんので、Q3のような変更がなければ、現在の車を乗り続けている間は、福島ナンバーのままとなります。
Q10 希望する会津ナンバー(番号)を付けることはできますか?
 事業用の軽自動車やオートバイについては、希望ナンバーの制度が適用となりませんが、それ以外の車種であれば、希望するナンバーをつけることができます。
 なお、希望できるのは、ナンバープレートの「4桁以下のアラビア数字」の部分のみで、「(300とか500とかの)分類番号」や「ひらがな文字」は希望することができません。
Q11 会津ナンバーに切り替える費用はいくらかかりますか?
 ご自分で切り替えの手続きをされる場合にかかる費用は、以下のとおりです。
※ディーラー等、代行業者を利用される場合は、別に代行費用がかかりますので、それぞれにご確認ください。(Q13参照)
  申請用紙代 交付手数料(ナンバープレート代)
登録自動車
(Q1参照)
軽自動車 中板2枚 大板2枚
(大型バス・トラック等)
乗用車等
軽自動車
希望ナンバー 35円 40円 4,060円
(5,420円)
4,060円
(6,600円)
5,080円
(6,400円)
一般ナンバー 1,580円
(3,160円)
1,580円
(3,160円)
2,160円
(4,320円)
( )内は字光式の交付手数料
※希望ナンバーの場合、郵送での申請は610円、FAXでの申請は470円の事務手数料が別途必要です。(インターネットでの申請の場合、事務手数料はかかりません)
Q12 会津ナンバーに自分で変更したいのですが、手続等は難しいですか?
 事前に申請書類を準備し、記入等も全て済ましてから窓口に行くと、手続き自体はさほど難しくありませんし、また、時間もそれほどかからずに終えることができます。
 運輸支局等に行ってから、申請書類を購入し、記入を始めるとなると、時間がかかってしまいますので、Q16を参考に申請書類を入手し、準備していくことをお勧めします。 (申請書類の記入例はQ17
Q13 会津ナンバーへの切り替え手続を代行してもらえるところはありますか?
 主な手続き代行業者としては、次のとおりです。なお、Q11に記載されている費用に加え、代行業者への手数料等が必要となります。
1.行政書士〔連絡先:福島県行政書士会会津支部TEL 0242−22−5433〕
2.新車ディーラー、中古車販売店、指定整備工場
3.各地区の自家用自動車組合〔連絡先:会津若松 TEL 0242-27-0210、喜多方TEL 0241-22-1419、南会津TEL 0241-62-1023〕
Q14 手続を代行してもらう場合の手数料はいくら位かかりますか?
 一概にいくらとは言えませんが、一般ナンバーの場合で、概ね6,000円〜15,000円、希望ナンバーの場合で、概ね10,000円〜20,000円と思われますが、各手続き代行業者によってまちまちですので、各業者に問い合わせください。
Q15 乗用車と軽自動車で会津ナンバーに切り替える手続きにどのような違いがありますか?
 登録自動車(Q1参照)には封印(自動車の後部ナンバープレートの左側のボルト上に被せてあるアルミ製のキャップ状のもの)がありますが、軽自動車にはありません。
 この封印は国土交通省が定める委託者しか取りつけ作業が認められていませんので、登録自動車の場合は福島運輸支局に車を持ち込み、ナンバープレートに封印を受ける必要があります。
 軽自動車の場合は、封印がないため、ナンバープレートの取り付けは自分でできますので、ナンバープレートだけを軽自動車検査協会福島事務所に持ち込んで手続きを済ますこともできます。
Q16 会津ナンバーへの切り替え申請にはどのような必要が書類ですか?
 登録自動車(Q1参照)の場合はこちらを、軽自動車の場合はこちらをご覧ください。 (※「1 提出書類を準備します」に記載されています。)
 なお、代理の方が手続する場合は、委任状が必要となります。(車検証の所有者欄がディーラーとなっている場合も、ディーラーからの委任状が必要です。)
 また、ナンバーの切り替えにあわせて、「住所が変わっているのに変更していなかった」「所有者を変えたい」という場合は、申請書類が異なりますので、福島運輸支局(TEL 050-5540-2015)に問い合わせください。
Q17 申請書類の記入の仕方がわからないのですが?
・登録自動車(Q1参照)の場合
記入例 - 申請書自動車税・自動車取得税申告書手数料納付書
・軽自動車の場合
記入例 - 申請書自動車取得税・軽自動車税申告書
Q18 会津ナンバーへの切り替え申請に必要な書類はどこで入手できますか?
会津若松自家用自動車組合〔会津若松市館馬町12-18 TEL 0242-27-0210〕
・喜多方自家用自動車組合〔喜多方市字宮西2541-12 TEL 0241-22-1419〕
・南会津自家用自動車組合〔南会津郡南会津町字行司12  TEL 0241-62-1023〕
・(社)福島県自家用自動車協会(福島県自動車会館内17番窓口)〔福島市吉倉字吉田40  TEL 024-546-8181〕
Q19 申請書類への記入を間違ってしまったのですが、新たに書き直す必要はありますか?
 「申請書」については、エンピツでの記入ですので、消して書き直すこととなりますが、「自動車税申告書」「手数料納付書」については、ボールペンでの記入ですので、誤りの箇所を二重線で消して、その上に書けば(新たな用紙に書き直さなくても)大丈夫です。(訂正印は不要です)
Q16の解答の「なお書き」以下の場合、訂正方法が異なりますので福島運輸支局(TEL 050-5540-2015)に問い合わせください。
Q20 申請書類に押印する印鑑は、実印でなければなりませんか?
 ナンバー変更の場合は、「申請書」「自動車税申告書」に押印する印鑑は、認印で大丈夫です
 なお、所有者を変更する場合は実印が必要となりますので、詳細は福島運輸支局(TEL 050-5540-2015)に問い合わせください