知っておきたいふるさと納税

ふるさと納税の“ふるさと”は、生まれ育った町と言う趣旨では、ございません。
どのスポットでも、数たくさんのスポットでも、ふるさと納税は、することが、出来ます。
ふるさと納税の“ふるさと”をよく自分が、産まれ育った“ふるさと(故郷)”のことだと思っている人が、います。
けど、ふるさと納税は、自分に縁(ゆかり)のある自治体にしか出来ないわけでは、ございません。
本質としては、“自分が生まれ育ったふるさと(故郷)”や“旅行等でお世話になった町”に対して募金をして町の発展の為に貢献したケースいうのが、本質的なかんがえ方では、有ります。
けど例えば、“行ったことのない町”や“名前も知らない町”に対して特産品を目当てにしてふるさと納税をしたとしても、ちゃんと税金の控除は、受けることが出来ます。
むしろ今は、自治体側にもいっぱいの人に募金をしてもらいたい為に、高還元率の御礼品を支度したり、たくさんな種別の特産品を支度したりと、すさまじい御礼品合戦が、繰り広げられています。
どのスポットでも、数たくさんのスポットでも、ふるさと納税は、することが、出来ます。
これを覚えておきましょう。
次に、ふるさと納税は、“納税”するわけでは、ないと言うことを知っておきましょう。
ふるさと納税=地方公共団体に対する募金金
ふるさと納税は、あくまでも募金であって、納税しているわけでは、ございません。
では、なぜ、“納税”と言う名前が、使われているので、しょうか。
これは、現行のふるさと納税が、できあが、る前に、自分の住所がある自治体と“ふるさと”の自治体とで住民税を分割して募金する方式もあり得るのではないかと議論されていた経緯にも関連しています。
色んな見地から、現行の募金金控除方式に落ち着き、“納税”と言う名前だけが、のこされることとなったので、す。
又、ふるさと納税をしたケース、ほぼ全額が、手元に戻ってくるわけではないと言うことです。
所得税に対しては還付されて、個人住民税に対しては来年度の分が差し引きされる、ふるさと納税をしたケース、2000円を超えた募金金が、手元に還元されると思っている人がいるでしょう。
けど、事実にに手元に全部の額面が戻ってくるわけでは、ないので、忠告が必要です。
ふるさと納税をすることによって得するこというのは、いっぱい有ります。
色んな自治体の特産物等を見てきめるので、も大いに結構です。
ふるさと納税を応用してみましょう。

ふるさと納税で“住民税”は、いくらお安くなる?

ふるさと納税では、住民税と所得税が、控除されます。
この度は、住民税に対して“どれくらいの額”が、“いつ控除されるのか”等をご解説します。
それでは、ふるさと納税で住民税は、どれくらい控除されるので、しょうか。
ふるさと納税は、寄附をした合計額面から2,000円を引いた額が、翌年に納める住民税、さらに所得税は、還付と言うスタイルで控除になります。
ただし、控除の最大限度額は、給与収入(年収)やファミリー構成で異なるため、ひとりひとりが、実質負担が2,000円で寄附出来る最大限度額を知っておくことが、必要です。
住民税の控除計算方式は、…
確定申告やワンスTOP特例制度で申告をしたケース、住民税がどのくらい控除されるのか、計算する方式をごインフォメーションします。
年収が600万円で、配偶者と中学生のお子様1人を扶養している人を例とした計算例です。
“ふるさと納税”還付・控除限度額計算嗜好レーションに照らし合わせると、このケース、募金金最大限度額の目安は、6万円です。
その最大限度額に対して、実質負担額2,000円を引いた分が、所得税と住民税からの還付または控除の対象になります。
1、住民税の控除(基本分)=(ふるさと納税の募金額面ー2,000円)×10%
寄附最大限度額から実質負担額の2,000円を引いた5万8000円を募金したケース、住民税から5,800円が、控除されます。
2、住民税からの控除(特例分)=(ふるさと納税の募金額面ー2000円)×(90%ー所得税率×1.021)
住民税からの控除特例分が、住民税所得割額の2割以上になるケースは、上記の計算式です。
“1”と同様に実質負担額の2000円を引いた5万8000円を募金したケース、住民税から4万6200円が、控除されます。
又、所得税も住民税と同様に控除の対象です。
この例のケース、所得税は、約6000円の控除(還付)が、受けられます。
この度の例をまとめると…
・所得税は、約6000円の控除(還付)
・住民税は、“1”+“2”=約5万2000円の控除
と言う風になります。
住民税の控除を受ける為には、ふるさと納税の控除を受ける為には、原則として、募金をした翌年である3月15日までには確定申告をしなければなりません。
確定申告後、住民税の控除は、所得税のように還付金が、口座に振り込まれるスタイルでは、ございません。
控除分は、住民税から差し引かれます。